東京五輪のウラにあった「卵」の悲惨なリアル…行政と組織委の「お粗末さ」が見えた(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

コロナ禍の東京五輪。選手の活躍に注目が集まる一方、ボランティア、スタッフら大会関係者用の弁当の大量廃棄が発覚した。この弁当をはじめ、選手村や各競技場で提供される食材には環境保全、労働安全など持続可能性に配慮した調達基準があるが、畜産物のアニマルウエルフェア(動物福祉・Animal Welfare、以下AW)基準をめぐっては、動物の心身を害するケージ飼育を許容していることが批判されてきた。

【写真】日本人が知らない「卵」のアブない現実…世界と「決定的な差」があった

 さらに大会直前に海外の動物権利団体が同基準をクリアした採卵鶏農場のいたましい映像を暴露し、動物への配慮に欠けている東京五輪の一端が浮き彫りになった。

 AWとは、人間が飼育する動物がストレスや苦痛を受けず、本来の行動が自由に取れるように飼育環境などを整えることを意味する。

 この言葉は、鶏卵大手アキタフーズ前代表の秋田善祺(よしき)被告が元農相の吉川貴盛被告に計500万円の賄賂を渡したなどとして贈賄などの罪に問われ、今年1月に在宅起訴された事件(2020年12月18日の記事「元農水相に『500万円提供疑惑』の衝撃…多くの消費者は実態を知らない」)を機に広く知られるようになった。

 秋田被告は6月に開かれた東京地裁での初公判で、AWの国際基準案にあった、採卵鶏の止まり木、巣箱などの義務化に反対するよう吉川被告に働きかけたことを認めた。

【広告】

 ZAFUL

 注目のレディース・ファストファッション通販


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です