当局干渉リスク明示を 米SEC、中国企業に要求(産経新聞)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:産経新聞

【ワシントン=塩原永久】米証券取引委員会(SEC)は30日、米国で株式上場を目指す中国企業に新たな情報開示義務を課すと発表した。中国当局による経営への干渉リスクなどを明示するよう求め、従わない場合は上場を承認しない方針だ。中国政府の動向次第で株価急落の恐れがある中国株について、投資家保護の観点から注意を促す。

ゲンスラー委員長が声明を発表し、中国企業に追加的な情報開示を求めるようSECに指示したことを明らかにした。

中国企業は新たに、中国当局から米国の取引所へ上場する許可を取ったかどうかの情報を開示しなければならなくなる。上場後、米国企業並みの開示義務を怠った場合に、上場廃止になる可能性があることも明確化する必要がある。

中国企業は本国の規制を逃れるため、主に英領ケイマン諸島に設けたペーパーカンパニーを間接支配し、米国市場で上場する手法を取っている。SECは、こうした不透明な企業統治のあり方も株主らに示すよう求めた。

ゲンスラー氏は声明で、「投資家は中国政府の将来の行動に関する不確実性に直面している」と指摘し、一段と厳格な監督実施を検討する方針を示した。

中国当局は最近、米国に上場したばかりの配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)を調査するなど、自国企業の締め付けを強化。対象企業の株価が急落する場面が目立ち、規制強化を求める声が出ていた。

【広告】

競馬投資ソフト

商品名

「毎日が給料日!?

完全自動競馬投資ソフト 

合成オッズ地方競馬版!パートⅡ

安心楽々無期限無制限サポート付き!」

初心者から上級者まで幅広く、

競馬好き嫌い関係なく、

投資、ビジネスとして、ボタン一つで簡単に

投資感覚で投票できるソフトです。

詳しくはこちらをクリック⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です