コスプレイヤーえなこが15誌の表紙ジャック!一方で「炎上」が賛否両論の大騒動に…(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

コスプレイヤーのえなこが、自身のインスタグラムを更新。8月より出版社を問わず計15誌にわたり表紙グラビアを務めることを明らかにした。

【写真】えなこ、露出の多すぎるコスプレで炎上してしまう…

 えなこは、「推ししか勝たん」「超絶神推し」と書かれた応援うちわを持った最新ショットとともに、

 「たくさんの出版社様にご協力いただき… 今年の8月に『えなこ夏の表紙ジャック』をさせていただけることになりました! なんと、1ヶ月で15誌の表紙を飾ります

 昨年からグラビアは頑張ってきたお仕事の1つなのですが…こんな凄い事が出来たのも、いつも応援して下さる皆さんのおかげです」

 とコメント。ファンからは、「神推ししておきます」「書店にダッシュします」「15誌はすごい! 撮影おつかれ」など祝福のコメントが多数寄せられた。

 えなこは、Twitterのフォロワー数133万人、Instagramのフォロワー数163万人を誇る、大人気コスプレイヤー。近年はグラビアやタレントのほか、歌手、声優業などにも進出し、マルチな活躍を見せている。

 これまで様々なコスプレを披露しファンを沸かせてきたえなこ。だが最近はあるコスプレが「炎上」する騒ぎも…。7月26日に発売された「月刊アクション2021年9月号」にて同誌人気連載「小林さんちのメイドラゴン」のヒロイン・トールのコスプレを披露したところ、トールのメイド服のデザインが原作と異なる点があり、批判の的となったのだ。

 本来のトールはロング丈のスカートで、露出がほとんどないクラシカルメイド服。しかし、えなこの衣装はミニスカートで、胸元があらわになったヘソ出しスタイルとなっていた。これに対し、多数の読者が「さすがにこれはメイドラゴンじゃない」「これだと完全にコスプレイヤーじゃなくてグラビアアイドル」「全然面影がない」など原作リスペクトがないことを指摘。「雑誌のコラボ企画なんだから公式が認めたんだろう」など擁護する声も見られ、炎上する騒ぎとなった。

 えなこはTwitterにて「コラボグラビアに関しまして、衣装は全て編集部さんにご用意頂いております。また、衣装デザインについても私は関わっておりません」と釈明している。

 過去のインタビューでは「コスプレは原作キャラへのリスペクト」と語ってきたえなこ。挽回できるかどうか、注目が集まっている。

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です