有村架純の事務所が明生の“ファン愛”報道に大激怒!「法的措置」バトルの行方は?(日刊ゲンダイDIGITAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

「女性自身」(27日発売)が、女優の有村架純(28)と新小結・明生(26)の“交流”を報じた記事を巡って、有村の所属事務所、フラームが猛抗議している。

有村架純と大相撲・明生に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

 フラームは同日、事務所公式サイトにコメントを掲載。「本日発売の週刊誌の記事に関しまして、全くの事実無根であり、法的措置を取る予定でございます」とした上で、「相撲界の方とは全く面識はなく、連絡を取ったことも、コメントをしたこともございません。このような事実無根の記事で、有村架純の行動や気持ちが虚偽に伝えられてしまうことに対し、所属事務所としましては強く抗議いたします」としている。

<有村架純 新小結・明生と「かわいがり愛」>と題されたその記事は、相撲関係者のコメントが掲載されているものの、有村と明生の交際を報じるものではない。明生が、「夢に出て来るほど」有村が好きで、明生の所属する立浪部屋の関係者は「いまや2人は連絡を取り合う仲だそうですよ」と話し、立浪部屋の後援会幹部は「まだ本格交際まではいっていないかもしれないけど、近いうちにそうなればいいなと願ってます」と希望を話しているだけだ。

 さらに記事中で所属事務所は「2人は会ったことはありません」と回答。直撃取材に応じた明生は、有村のファンだが、「まだお会いしたことはないんですよ。もちろん、ずっとファンですから、会えるなら会ってみたい。自分にとっては雲の上の存在ですから」などと答えている。

 さらに「電話でも話したことがないか?」という記者の問いかけには<「いやいやいや……」なぜか急にモジモジした様子になり口ごもる明生。>とにおわせてはいるものの、単に“明生は有村の熱狂的なファン”と読める内容なのだ。

 しかし事務所の鼻息は荒く、「全くの事実無根であり、法的措置をとる」としている。担当者に法的措置の具体的内容について聞いてみたが、「それについてはお答えしておりません」と回答した。スポーツ紙芸能担当デスクが解説する。

■「法的措置をとる」が意味するもの

「法的措置と言っても、当然ですが、まずは『内容証明』で抗議文を送ることからです。それで弁護士を介した話し合いになりますが、どうなるのか。決して交際を報じるものではなく、内容も弱いので、本気で名誉毀損で損害賠償請求を争う訴訟に発展するとはとても考えられない。落としどころとしては、もし編集部が折れたならですが、訂正記事を出すとか、期間をおいて何らかのバーター記事を出すあたりでしょうか」

 さらにこうした文面を出す背景には別の意図があるとしてこう続けた。

「事務所にとっては大事なタレントなので、後続の報道を断ち、既成事実化することを嫌っているのでしょう。牽制しているのだと思います」(前出の芸能担当デスク)

 人気女優VS女性週刊誌のこのバトル、五輪ほどには盛り上がらなさそうなのである。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です