原爆投下のその日、迎え撃つべき“戦闘機搭乗員”達はまさかの「飛行休み」だった…(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

太平洋戦争末期、新鋭機「紫電改(しでんかい)」を主力機として、日本本土に押し寄せる米軍機を迎え撃った航空隊があった。
司令・源田實(げんだ みのる)大佐が率いる第三四三海軍航空隊(剣部隊)である。その活躍は戦後、映画や漫画などさまざまな媒体で描かれ、戦史に興味を持つ人たちの間で高い人気を誇ってきた。近年では漫画やアニメの影響か、従来とはまた違った形で、若い世代にファン層を広げている。
人々はなぜ三四三空に惹かれるのか、筆者の四半世紀にわたる当事者へのインタビューをもとに考察するシリーズの第3回後編となる今回は、じっさいに部隊の中核を担って戦い続けた若い隊員たちの終戦までと戦後を語る。
(第3回前編はこちら→<菅野直、坂井三郎…“平均寿命3か月”の最前線を戦った「三四三空」の戦闘機乗り>)

【写真】菅野直、杉田庄一…激戦に散っていった三四三空の搭乗員たち

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です