五輪選手も悲鳴を上げる日本の猛暑 熱中症を防ぐ「4つの対策」とは(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

台風一過の日本列島は普段通りの厳しい暑さが戻ってきた。連日の猛暑は五輪の選手にとってもうひとつの戦い。ROC(ロシアオリンピック委員会)のアーチェリー選手が暑さで一時意識を失ったが、他の多くの選手からも「常に脱水状態」と悲鳴が上がっている。熱中症はこれからが本番だ。

東京五輪は真夏日続き、ジョコが試合時間の変更要求…海外選手が酷暑開催強行の犠牲者に

 ◇  ◇  ◇

■救急搬送数は前年比1.44倍

 今年は熱中症による救急搬送数が急増している。総務省消防庁によると、6月1日から7月18日までの搬送数は1万2748人(速報値)。昨年の8831人から1.44倍の増加となった。

 秋田県でも気温30度を超える真夏日が続き、7月25日には男鹿市の80代の女性が熱中症で死亡。畑で倒れているところを近くの住人に発見されている。

「119番通報は午後2時45分。その日は35度まではありませんでしたが、とても暑い日でした。死亡した女性は畑の中で発見されています」(男鹿地区消防本部)

 こうなると、慣れているはずの農作業やガーデニング中でも危険ということになる。熱中症予防には暑い環境に体を慣れさせる「暑熱順化」が重要だが、通常は体が慣れるまでに10~14日ほど。普段は涼しい地域や梅雨明けに熱中症が多発するのは、この暑熱順化が不十分であることが考えられる。

■「暑熱順化」できない外国人は危険

 そもそも、日本スポーツ協会の「熱中症予防運動指針(2019)」は、31度以上で“特別の場合以外”を「運動は原則中止」と決めている。オリンピックはその特別の場合に該当するのかもしれないが、普段は涼しい環境で生活する欧米人や南半球から来た選手は、この暑熱順化に対応できていない。ブルームバーグによると、EUのエアコン設置率は5%未満。リスクは日本人以上に高い。さらにWHOは「35度以上の場合、扇風機では熱中症を予防できない」と警告している。

 一方、普段の生活においては、気温が上がれば上がるほど熱中症が増えるわけではない。東京消防庁の気温別のデータ(昨年6~9月)では、救急搬送された人数が最も多かったのは33度台の920人。これが34度台になるとほぼ半減の509人となり、さらに35度台で329人に減る。日数に違いはあるが、気温と湿度の関係、または暑すぎて外出を控えるなどの対策を講じた影響もありそう。さらに注目すべき点は、5~79歳の幅広い年齢層で男性の救急搬送が多く、全体では女性の1.88倍もあった。これは男性の方が暑さに弱いというばかりでなく、激しい運動や労働を行うことが多いのも原因とされる。炎天下でのジョギングは厳に慎みたいところだ。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です