“キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

大きな目と、その眼力が印象的な女優といえば、今田美桜(24)だ。福岡県で13歳の時から芸能活動をしていたが、19歳の時に現事務所にスカウトされて東京進出を果たした。

田中みな実一択から「今田美桜買い」に UNIQLOも唸った

「その時に付けられたキャッチフレーズが『福岡で一番かわいい女の子』でした。初めて彼女を目にした人は誰もがその大きな瞳にひかれ、『かわいい』と思ったことでしょう。しかし、そのキャッチフレーズ以上だったのが演技力です」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 今田の出世作と言えば、2018年の学園ドラマ「花のち晴れ~花男Next Season」(TBS系)で演じた学園の品位を守る生徒・真矢愛莉役。画面に登場したとたん、〈めちゃくちゃ美人〉〈顔整い過ぎ〉〈かわい過ぎて息苦しい〉といった投稿がネット上にあふれた。

 19年の「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)には、今ではドラマの常連となっている若手女優が多数出演していたが、その存在感は頭ひとつ抜けていた。

「教師役を演じる菅田将暉に諭され、涙を流しながら声を震わせる演技は真に迫り、息をのむほど。今田が“かわいい”だけではない、演技派女優だと確信した瞬間でした」(民放ドラマディレクター)

 とはいえ、美人で目力が強すぎるがゆえのマイナス面もあったようだ。

「美人すぎるが故に、画面に登場した時の押し出しが強すぎるんです。少し顔をしかめただけでキツい顔立ちが目立ってしまう。はっきり言ってしまうと目力だけで主役を食ってしまうんです。だから最近では、どうしても主人公から一歩引いた少しおとなしい役が多かったような気がします」(前出の民放ドラマディレクター)

 その“キツい顔立ち”をあえて強調し、“お笑い”にまで昇華させたのが、「ジャンボ宝くじ」のCMだ。コメディードラマ仕立てでストーリーが展開し、今田は“ジャンボ兄ちゃん”ことサトシ(妻夫木聡)を長男とした5人きょうだいの次女・ミオを演じているが、最後のオチのところで、今田のしかめっ面や、呆れ顔、驚き顔といったアップとひと言が強烈なインパクトを残す。このCMで今田はコメディエンヌとしての才能を開花させたと言ってもいい。

■出演中の「おかえりモネ」が大反響

 そんな今田が19日、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に初登場し反響を呼んでいる。役名、若手気象予報士の「神野マリアンナ莉子」。名前だけで、ひと癖もふた癖もあるキャラだとわかる。

「清原果耶が演じるヒロイン・百音の頼りになる先輩としての顔から、裏で毒を吐くストレスをためたOLの顔や、テレビに映るお天気お姉さんの爽やかな顔など、たった1週間でいろんな顔を見せており、『莉子の顔から目が離せない』といったネット上の書き込みも多い。莉子の魅力にハマる人が増えています」(弘世一紀氏)

 これまで準主役級が多かったが、朝ドラ終了後は、主役ドラマのオファーが殺到しそうだ。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です