【バド】渡辺・東野ペア日本勢初の混合メダル獲得「ダズルスだけど遠藤さんと3人で」(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

歓喜と号泣、違った形で感情を爆発させた。

 バドミントン混合ダブルスの渡辺勇大(24)・東野有紗(24)ペアが3位決定戦を制し、銅メダルを獲得。香港の鄧俊文・謝影雪ペアを2―0で下し、この種目に日本勢初のメダルをもたらした。

【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

 かつて日本は混合ダブルスに力を入れてこなかったものの、2018年にジェレミー・ガン・コーチが就任してからメキメキと成長。渡辺、東野ともに「コーチのおかげでコート内でのコミュニケーションが円滑になった」と口を揃える。

 試合後、渡辺は笑顔を絶やさず、「昨日(男子ダブルス)は負けたけど、遠藤さんと3人で切り替えた」と話せば、東野は涙を流しながら「遠藤さんと3人で頑張ってきた。3人で取ったメダル」と声を震わせた。

 遠藤さんとは、男子ダブルスで渡辺と組んだ遠藤大由(34)のこと。経験豊富なベテランで、“ダブルスチーム”の精神的支柱となっていた。まさに3人の勝利ということだ。

 ちなみに女子シングルスのエース、奥原希望(26)は同日、準々決勝で敗退。リオに続くメダルを手にすることはできなかった。

【広告】 漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です