海外ではすでに導入、混雑時は高い「変動運賃制」 ラッシュ緩和に効果ある? ロンドンの事例を見る(週刊東洋経済)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:週刊東洋経済

コロナ禍による在宅勤務奨励の影響を受けて移動需要が縮小する中、公共交通機関の運行事業者は未曾有の危機に見舞われているといっても過言ではない。そんな中、政府は5月28日に、2025年度までの交通政策の方向性を示す「交通政策基本計画(第2次計画)」を閣議決定した。

この計画で最も注目されているポイントは、鉄道運賃を時間帯や曜日に応じて変動させる「変動運賃制(ダイナミックプライシング)」の導入検討だ。繁忙時間帯の運賃を上げる一方、閑散時間帯は下げるというもので、通勤通学時の混雑緩和や時差通勤の促進に寄与することが期待されている。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です