群馬・山本知事、「続投」は来夏めどに決定方針(産経新聞)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:産経新聞

群馬県の山本一太知事は29日の定例記者会見で、就任から2年を迎えたことに関連し、2期目への意欲を問われ、「任期切れ1年前に次の選挙に出馬するか方向性を決めたい」と述べ、来年夏ごろをめどに態度を決める方針を示した。

山本知事は「来年夏までに70ある後援会を行脚し、(自身への)期待があるか把握したい。世論調査も行う」と説明。その上で「後援会会議で方向性を決めたい。実際の表明は次の年になる」と見通しを語った。

一方、2年間の実績や今後の目標などをスライドを使って説明。県有施設のあり方の見直しに着手するなど「前例踏襲脱却」を進めたことや、ワクチンの大規模接種会場開設など新型コロナウイルス禍の封じ込めに尽力したことなどを挙げ、「自己採点は65点」と評価。「県民の幸福度向上を実現することが最大の目標だ」と重ねて強調した。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です