開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

連日、日本人のメダルラッシュが続く中、五輪開会式をトンズラした安倍前首相が沈黙している。

アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

 安倍は大会組織委員会の名誉最高顧問。IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長から「オリンピック・オーダー(五輪功労章)」の金章を授与された“功績者”でもある。

 五輪旗の引き継ぎ式ではマリオに扮するなど、コトあるごとに前面に立ってきた。

 ところが、26日に至るまで、ダンマリを決め込んでいる。4月にはマスターズを制した松山英樹に、6月には全米女子オープンで優勝した笹生優花に〈心から拍手をおくりたいと思います〉などと自身のツイッターに投稿したが、なぜか日本人メダリストには祝意を送っていないのだ。

 祝福の電話まではせずとも、ツイッター上で「おめでとう」のひと言くらいあってよさそうなもの。黙っている方が逆に不自然だ。

「五輪開催には“反対”の声も多い。世論が『やって良かった』と盛り上がるかを見極めた上で、表に出てくるつもりではないか。7月上旬までは、出身派閥の細田派の現職が公認争いをしている群馬1区と新潟2区に入り、『公認されないのはあり得ない』と力説していた。北海道にも足を運ぶなど、次の政局で主導権を握りたい姿勢がアリアリです。だから今は、悪目立ちしたくないのでしょう」(自民党関係者)

 安倍事務所にメダリストに祝意を送る予定はあるか尋ねたが、期限までに回答はなかった。

■新たな愛犬に夢中?

 また、別の理由もささやかれている。

「『桜を見る会』の前夜祭問題について、近く検察審査会が安倍さんの不起訴処分が妥当かどうか、結論を出すとみられています。その結果が出るまで、おとなしくしている方がいいと判断したのだと思う」(永田町関係者)

 安倍の妻・昭恵夫人のインスタグラムには、茶色のダックスフントの写真とともに〈熊本のブリーダー崩壊で保護されたらしい推定5才のダックス(オス)が新しい家族になりました! 名前はロンです〉とある。

 案外、家で愛犬に夢中になっているのかもしれない。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です