西矢椛は史上最年少で金メダル!我が子をいっぱしのスケートボーダーするためのカネと時間は(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

日本勢史上最年少金メダリストは、世界の頂点に立つのも早かった――。

 大阪府松原市出身の西矢椛(13)が父と兄の影響で本格的にスケートボードを始めたのは、7歳のころ。その後、メキメキと実力をつけ、2019年、小学校6年生で世界最高峰の大会「Xゲーム」アメリカ大会に出場。いきなり準優勝を飾って一躍、注目を浴びると、その2年後、競技開始からわずか6年で金メダルを手にした。

13歳金メダル候補 スケボー女王・岡本碧優に快挙の可能性

 今大会から正式競技になった「スケートボードストリート」で、男子の堀米雄斗(22)とともに日本人男女が初代王者になった。

 国内のスケートボードの愛好者は約50万人いるが、競技者は約2000人ほど。我が子をいっぱしのスケートボーダーにするには、どんな準備と費用が必要なのか。日本スケートボード協会に話を聞いた。

「彼らが使っているボードは5万円ぐらいのものですが、プロショップでは初心者用のセットを1万4800円ぐらいから販売しています。それで1年間は遊べます。2980円とか安価なものもありますが、タイヤが回らなかったり、曲がりづらかったりする粗悪品です。それではスケートボードが楽しくなくなります」(協会の担当者)

■「女子で“億”稼いでいる選手もいます」

 女子ストリートでは西矢に続く2位に13歳のライッサ・レアウ(ブラジル)、3位には16歳の中山楓奈と、若い世代が表彰台を独占したのは五輪競技には珍しく、スケートボードの参加選手には年齢制限がないからだ。

「ロシアのフィギュアの選手や体操選手が13歳などで世界チャンピオンになるように、体の柔軟性が求められるスポーツは2~3歳ぐらいから競技を始め、大体10年ぐらいでピークを迎えます。女子の場合は、ある程度の年齢になると、体形が変化し壁にぶつかります。親が経験者というケースがほとんどで、子どもは見よう見まねで始め、親がサポートすることが多いですね。基本的には遊びの延長で、まだスポーツとしては成り切っていません。それでも海外では、女子で“億”稼いでいる選手もいます。ただし軽い気持ちでやれるものではありません。皆、死に物狂いでやっています。世界で自分しかできない技をメークするという価値観は、かなり魅力があるようです。(世界選手権覇者でメダルを獲得できなかった)西村碧莉だって膝を骨折しながら、トライするようなスポーツですから」(協会の担当者)

 我が子に才能があると感じたら、チャレンジさせてみる価値はあるかもしれない。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です