【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

「最新記録だと思うので、それがうれしい」

 たどたどしい口調で語ったのは26日、東京五輪スケートボード女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛(13)。13歳11カ月での金メダルは競泳・岩崎恭子の14歳0カ月を上回り、史上最年少記録だ。

【写真】國母和宏の“腰パン”サングラス姿(2010年)

 最年少を「最新」と表現したのはご愛嬌。初の大舞台、新種目で自国開催という注目にもかかわらず、試合中も笑顔で滑る姿が何度もテレビ画面に映し出されて話題となった。

■西矢の父親はビルメンテナンス従事の支店長

「椛ちゃんのはじける笑顔はお父さん譲りです」

 そう話すのは、父・西矢翔さん(39)が勤務する「株式会社メイハン」の川瀬専務取締役だ。

「西矢翔くんは大阪店の支店長として、総合建物管理業務、いわゆるビルメンテナンスに従事しています。弊社所有の建物管理の統括責任者。西矢くんも椛ちゃんに負けず劣らずの笑顔が印象的で、どんな状況でも笑顔を絶やさない温和な性格です。金メダルを取った瞬間に連絡したら、『エライことになりましたわ』と声を震わせていた。おそらく泣いていたんじゃないかと。予選から決勝までずっとメールでやりとりしていて、そのたびに『泣いています』と返してきました」

 新型コロナウイルスの影響で家族の観戦も原則禁止だが、西矢が13歳という年齢のため特別に家族の同行が許され、母の智実さん(39)のみが会場入り。翔さんは「公休」を取得し、大阪府松原市内の自宅で観戦した。

 両親ともスケートボードの経験はほとんどないという。ただ、“横乗り系”という意味では、共通点があるかもしれない。

「西矢くんとは20代前半の頃からの付き合いですが、まだお子さんがいない時代、私と一緒にサーフィンをやっていました。もちろん(東京五輪サーフィン代表の)五十嵐カノア選手に怒られるレベルの、たしなむ程度の腕前ですが(笑い)」(川瀬専務)

 日本は海外と比べて、本格的なスケートボード施設が少ない。西矢は自宅近くの「スポーツパークまつばら」を拠点にしていたが、バリエーションに富んだ練習場を求めて全国を飛び回った。

「大会の遠征も含め、日本全国のパークを西矢くんの運転で津々浦々、巡っていた。日本代表候補になる前は海外に帯同したこともあると聞いています。『年頃の娘と何時間も車内で気まずくないのか』と聞いても、『全然。友達みたいですよ』と。いい育て方をしとるなあと。子育ての参考にしたいと思いましたね。スポンサーの支援を受けるまでは、家族の支援が欠かせない。弊社には『スケボー特別手当』はないので、苦労された部分もあるかもしれない。これからは娘さんにすり寄るんじゃないですかね(笑い)。(社名が出たということで)我々もしっかり便乗しようと思います、と西矢くんにも伝えてあります(笑い)」(川瀬専務)

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です