祝・卓球混合ダブルス金メダル!伊藤美誠選手を変えた「79冊のノート」(現代ビジネス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:現代ビジネス

水谷隼選手と伊藤美誠選手が卓球混合ダブルスで金メダルをとった。卓球では日本に初めての金メダル。本当に素晴らしかった決勝戦の相手は強敵・中国。2ゲーム先取されてから3ゲーム連続で取り返し、さらに1ゲーム取られてからの最終ゲームというヒリヒリした流れ。最終ゲームでは、今までの接戦はなんだったのかという初回から連続8得点で中国を追い込む、見事な試合展開を見せた。7月25日に行われた準々決勝でも、ドイツ代表のパトリック・フランツィスカ&ペトリサ・ソルヤとの対戦では見事な大逆転劇を演じたふたり。まさに、真の強さを感じさせた混合ダブルスだった。その強さの秘密は一体どこにあるのだろうか。

【写真】伊藤美誠選手を「変えた」ノート、涙の準々決勝、笑顔の決勝

 ジャーナリストの島沢優子さんは、日刊スポーツ新聞社時代から20数年にわたってスポーツの現場で取材を続けている。筑波大学4年時に全日本女子大学バスケットボール選手権で優勝した元アスリートでもある。

 そんな島沢さんが2019年に刊行した『世界を獲るノート アスリートのインテリジェンス』は、2年をかけ名選手・名将らを丹念に取材したものをまとめたもの。ノートを書くことで、選手たちの才能がいかに花開いていったか、指導者が選手を成長させたかをわかりやすく示してくれる。

 特筆すべきは、それぞれのノート(中にはデジタルもあり)を、専門家の手を借りて脳科学的な視点からどう有益なのかを分析しているところだ。そしてその選手のひとりに、今回卓球の混合ダブルスで金メダルを獲った伊藤美誠選手もいる。

 本書より、卓球の日本女子代表の伊藤美誠選手のノートについて一部抜粋して掲載した記事を再編成、改めてお届けする。

———-
いとう・みま 2000年、静岡県出身。スターツ所属。16年リオデジャネイロ五輪卓球女子団体で銅メダル獲得に貢献、五輪での卓球競技では史上最年少15歳でメダリストに。18年度全日本卓球選手権大会女子史上初2年連続3冠。2021年東京五輪では7月27日にシングルス3回戦、8月2日に団体戦1回戦が控える。
———-

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です