糸数陽一は2大会連続の4位 重量挙げ・25日(共同通信)

出典元:共同通信

重量挙げは男子2階級が行われ、61キロ級で糸数陽一(警視庁)はスナッチ133キロ、ジャーク159キロのトータル292キロで、リオデジャネイロ五輪に続く2大会連続の4位だった。李発彬(中国)がスナッチ141キロ、ジャーク172キロ、トータル313キロで優勝した。

 67キロ級では近内三孝(日大職)がスナッチ135キロ、ジャーク172キロのトータル307キロで7位だった。シン利軍(中国)がスナッチ145キロ、ジャーク187キロ、トータル332キロで金メダルを獲得した。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です