濃厚接触者“特例ルール”の大問題 組織委「責任逃れ」で五輪は今後も混乱間違いなし(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

Jリーグのある関係者が呆れ顔でこう言った。

「開会式1週間前の15日のことです。政府と東京オリ・パラ大会組織委員会が【新型コロナ感染者の濃厚接触者でも<試合開始6時間前のPCR検査の結果が陰性>の場合は出場を認める】という方針を打ち出した。五輪選手の出場機会確保のためとはいえ、大幅な規制緩和に仰天させられた」

東京五輪の開会式会場に北朝鮮の金正恩総書記が? 周辺が一時騒然!

 コロナの潜伏期間は1~14日とされ、国内では濃厚接触者が陰性となっても「14日間の自宅待機が求められる」。政府や大会組織委は当初、濃厚接触者は「6日間は出場不可」という基準を設けることにしていた。

 一転「6時間前検査が陰性なら出場OK」にしたのは「本大会で陽性反応者と濃厚接触者が続出することが予想され、6日間の出場不可を適用すると大会が大混乱に陥ってしまう」(マスコミ関係者)と懸念したからだ。

 22日の男子サッカーの日本―南アフリカ戦。本来なら「中止」に追い込まれるところだった。

 南ア2選手のコロナ感染が判明し、18人が濃厚接触者として認定されたが、大会組織委は「濃厚接触者の氏名を非公表」とした上で「試合開始6時間前のPCR検査で全員が陰性だった」ことでゴーサインを出した。前出のJリーグ関係者が言う。

「6時間前検査で陰性だったとしても、試合後の検査で陽性反応が出る可能性はある。コンタクトプレーありのサッカーで濃厚接触者と試合をさせるなんてあり得ない。今までやってきた感染予防対策は何だったのか?」

■試合挙行の最終判断はチーム同士に委ねている

 この特例ルールの問題は対戦相手の承諾が必要なこと。試合挙行の最終判断をチームに委ね、組織委は責任の所在をあいまいにしていると言わざるを得ない。

「今後、南アの選手に感染者が出たら、試合中に何度も接触した日本選手が感染している可能性がある。仮に25日に対戦するメキシコ、28日に対戦するフランスの選手が『日本とは試合をしたくない』と言い出したら、言い出した方が不戦敗になる。そうしたチームが続出したら、競技自体が成り立たなくなる。これはサッカーに限らず、ラグビーや柔道やレスリングなどコンタクトプレー競技すべてに当てはまる。組織委も<とにかく試合を消化して五輪を成功裏に終わらせる>ことや<責任逃れ>しか考えていない。各競技団体の関係者は怒り心頭です」(放送関係者)

 組織委の特例ルールが五輪にさらなる混乱を招くのは必至だろう。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です