比嘉愛未はドラマ掛け持ちのハードな日々 代役は吉と出るか凶と出るか(桧山珠美)(日刊ゲンダイDIGITAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

15日にスタートした比嘉愛未主演「推しの王子様」(フジテレビ系)を見た。深田恭子が主演するはずだったが、適応障害の療養のために降板、そのピンチを救ったのが比嘉だ。

比嘉愛未「2行のセリフ」が言えなかった駆け出し時代

 現在、比嘉は「にぶんのいち夫婦」(テレビ東京系)にも主演しており、今クールは2作品に主演と大忙し。あちらは夫に不倫される妻で、こちらはゲーム制作のベンチャー企業社長のラブコメ。色合いの異なる作品を演じ分けるのはさぞや大変ではと察する。

「推しの王子様」は主人公の日高泉美が自分の理想通りに作り上げたゲームキャラクターにそっくりだが、無作法で無教養と中身は残念な航(渡辺圭祐)と出会って、彼を理想の男性に育てる、早い話が「マイ・フェア・レディ」の逆パターン。「源氏物語」の時代から男が女性を自分の理想の形に育てる物語はあまた作られてきたが、その逆というのがミソ。

 共演者にはディーン・フジオカもいるが、サブキャラっぽくておかしいなあと思ったら、挿入歌を担当していた。

 どうやらこっちが本命で、ドラマ出演はおまけかもしれない。どうせなら比嘉とディーンさまのオトナの恋愛ドラマを見たかった気もするが。

 比嘉はデビュー作の朝ドラ「どんど晴れ」(NHK)をはじめ「コード・ブルー」「マルモのおきて」(ともにフジ系)など、これまでに演じてきた役柄が真面目でしっかり者という設定が多く、女社長役も似合っている。

 それゆえ酔っぱらって朝起きたら隣に見知らぬ男が寝ているというシーンには若干の違和感があった。深キョンならそういうこともあるだろうなと思えるのだが……。

【広告】 漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です