文化財・銭湯をカフェに変身 大阪・泉佐野市が大作戦(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

大阪府泉佐野市が、戦前の銭湯(風呂屋)建築の好例として国の有形文化財に登録された「大将軍湯(だいしょうぐんゆ)」(平成29年2月廃業)の再生プロジェクトを進めている。カフェや足湯を備え、歴史ある町並みと一体化した名所に生まれ変わらせる構想だ。新型コロナウイルス収束後、対岸の関西国際空港から訪れる外国人観光客らの利用を期待しており、老朽化で解体の危機にある銭湯の保存・活用を探るうえでも注目される。

■しゃれた玄関と浴槽

大将軍湯は南海泉佐野駅から海側に徒歩で約10分。唐破風(からはふ)の玄関に左右の塀はタイル張りで「昭和モダン」をしのばせる。浴室は吹き抜けで、浴槽や床に花崗(かこう)岩を用いているのは珍しいという。タイルの意匠や刻印された製造時期などから、昭和11年ごろの建築と推定された。

「幼い頃、夜中に母と姉が浴室の掃除をしているそばで眠ったものです」。そう目を細めるのは、4年前に廃業するまで大将軍湯を経営していた森一之さん(84)。父の初太郎さんが始めた銭湯は最盛期には付近の漁師ら多くの住民が訪れ、社交場としてにぎわったという。

■「コロナ後」にらむ

大将軍湯は建物の老朽化などで経営が困難になり、廃業を余儀なくされたが、市の対応は素早かった。平成29年度に建物の調査を行い、30年11月に登録有形文化財への登録を実現、同12月に土地・建物を取得した。

昨年度策定した保存活用計画に基づき、男女の浴室の一方をカフェやビアバー、ラウンジに、もう一方を貸し風呂か足湯としてリニューアル。2階の和室は着物の着付け教室や落語会など催し物スペースとしての活用を検討している。

今年度中に耐震補強と基本設計を実施。来年度から数千万円~1億円かけて改修工事を進め、早ければ令和5年度のオープンを目指す。市の積極姿勢の背景には、「さの町場」と呼ばれる周辺の町並みを観光に生かそうという戦略がある。

さの町場は江戸時代、北海道や日本海沿岸各地と大坂を結ぶ「北前船(きたまえぶね)」で栄えた豪商らの蔵が立ち並び、景観は昨年度、日本遺産に認定された。

市の山間部に鎌倉~室町時代に存在した「日根荘(ひねのしょう)」の絵図なども元年度に日本遺産認定されている。「山間部から海岸部まで日本遺産のストーリーがつながる日本屈指の『歴史文化遺産都市』となった」。千代松大耕(ひろやす)市長は今年3月、市議会での施政方針表明でそう強調し、コロナ収束後に外国人観光客を呼び込む意欲を示した。

■まちぐるみで再生

自宅での入浴が一般化した現在、大正~昭和初期に数多く建てられた銭湯は保存・活用が課題となっている。関西の登録有形文化財で現役の銭湯は、大正12年に開業した船岡温泉(京都市北区)を残すのみとなっている。

昭和8年建築で壁面などに「アール・デコ」の装飾を採用するなど、当時の流行を取り入れた美章園温泉(大阪市阿倍野区)は、経営難から平成20年に解体、文化財登録も抹消された。「自由の女神」の彫像が付いた洋風窓が特徴の源ケ橋(げんがはし)温泉(同市生野区)は「設備維持費が高額」との理由で、昨年4月に廃業を業界団体に届け出た。

木造2階建ての大将軍湯も例外ではない。泉佐野市の保存活用計画では「重要部材の腐朽・劣化が著しい箇所が散見される」などと懸念材料が示されている。特に30年9月の台風21号で大きな被害を受けた屋根は、雨漏りを防ぐために防水シートで覆われたままだ。

市はふるさと納税の専用サイトで今年3月末から1年間の期限で、500万円を目標に資金を募っている。市教委の中岡勝・文化財保護課長は「資金力のある民間ではなく行政がやるからには、まちぐるみで観光客を迎える人気スポットに育てたい」。銭湯の新しい再生モデルとなるか、試されるのはこれからだ。(牛島要平)

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です