澤穂希と重なる「なでしこ10番」岩渕真奈に、イギリス戦でも「期待大」な理由(現代ビジネス)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:現代ビジネス

危機を救ったのは、背番号10の頼れるエースだった。

 7月21日、東京オリンピック、サッカー女子グループリーグ初戦。世界ランキング10位のなでしこジャパンは同8位のカナダ代表と札幌ドームで対戦し、1点リードされたまま終盤を迎えていた。

【写真】美人AV女優と呼ばれた女の絶望的な「その後」

 後半39分、右サイドでボールを受け取った長谷川唯が、前線でディフェンスラインの裏を狙う岩渕真奈に向けてロングフィードを送る。岩渕は追い掛けてくる相手の前に巧みに入り、GKのポジションを見てゴール右にボールを蹴り込んだ。

 前半から厳しいマークを受け、なかなかチャンスをつくれない時間が続いていた。

 同点シーンの2分前。右サイドでボールを奪って左に展開し、途中出場の田中美南がシュートを放った場面があった。トラップした際に手が当たってハンドと判定されたものの、カナダの動きが鈍っていた時間帯。ここを岩渕は見逃さなかった。長年のキャリアによって培われた勝負勘が、あのゴールを手繰り寄せた。

 追いついてのドローに価値がある。精神的なダメージが残ったのはむしろ逃げ切れなかったカナダのほうだろう。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です