東京五輪開会式“崩壊の引き金”は…お騒がせ中山泰秀防衛副大臣の「通報」だった(日刊ゲンダイDIGITAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

「呪われている」としか言いようがない。ついに23日、東京五輪が開幕したが、のっけから暗礁に乗り上げた。開会式の演出の統括役が土壇場で解任。開会式は予定通りというものの、問題人物の仕事がそのまま残るミソを付けた式典になど誰が感動できるのか。しかも、開会式崩壊の“引き金”を引いたのが自民党議員で、菅内閣の現職副大臣というから驚くしかない。

今度はホステスお持ち帰り 周囲も嘆く中山泰秀議員の“KY癖”

 ◇  ◇  ◇

「ご迷惑、ご心配をおかけしたことを深くおわびします」

 開会式の演出担当だった元芸人の小林賢太郎氏の解任を受けて、大会組織委員会の橋本会長は22日、疲れた表情でこう謝罪した。小林氏は過去に制作したコント内で、ナチス・ドイツによるホロコーストを揶揄。「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」と発言する動画が21日からSNSで拡散され、炎上していた。ある大会関係者は「組織委は広告代理店に丸投げして、ロクに“身体検査”しないからこういうことになる」と嘆いた。

 過去に行った障害者イジメを雑誌で自慢していたミュージシャンの小山田圭吾氏は「辞任」だったが、小林氏は電撃的な「解任」。前出の大会関係者は「小山田氏の時より組織委の危機感が強かった」として、こう続けた。

「過去のこととはいえ、ホロコーストをネタにしていたのはマズい。スピード解任のきっかけになったのは、米国の有力ユダヤ人人権団体『サイモン・ウィーゼンタール・センター』が抗議声明を出したこと。下手をすれば国際問題にもなりかねないから、組織委は政府とも相談して素早く厳しい措置を取るべきと判断したのだろう」

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です