東京五輪「試合クラスター」に現実味…サッカー南ア代表コロナ問題は最悪事態への序曲(日刊ゲンダイDIGITAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

“コロナ五輪”に、早くも混乱が生じている。

 7月23日の開会式に先立ち、あす22日にスタートする男子サッカーの南アフリカ代表から3人の新型コロナウイルス陽性者が出たことが判明。19日には、同代表内の21人が濃厚接触者に認定された、と東京五輪組織委員会が発表した。20日には濃厚接触者は18人と修正された。

無観客五輪に振り回された人は少なくない フリーランス記者も現地取材できず

■組織委の隠蔽体質

 南アフリカは、22日の1次リーグ初戦で日本代表が戦う相手。試合実施の可否も含めて関係者は対応に右往左往したが、問題はこれが男子サッカーだけの話で収まらないことだ。

「今回のケースでは、南アフリカ代表側が自発的に公表したことで、陽性者が出たことが明らかになった。組織委はプライバシー保護の観点から、“陽性者の国や競技名、選手名、年齢や性別も公表しない”としている。驚いたのは、組織委の高谷スポークスパーソンが、類似のケースが生じた場合、“相手チームにも言わないことになっている”と断言したことです。さらに、組織委は濃厚接触者となっても、<試合開始6時間前以降のPCR検査で陰性判定が出れば、試合への出場を認める>という特例措置を設けている。20日になって南アフリカ代表の濃厚接触者は18人と修正されたが、サッカー男子日本代表はもちろん、他の競技の選手だって感染のリスクに怯えながら、疑心暗鬼のまま試合を戦うケースが生じることに変わりはありません」(サッカー関係者)

 濃厚接触者の大部分が選手だという南アフリカは、すでに選手村に入っていた。陽性者判明後、選手は自室での待機が命じられ、食事もスタッフがそれぞれの部屋に運んだものをとっているというが、それまでは濃厚接触者と認定された選手の誰がどこの選手村施設を利用したかは把握ができていないという。

 すでに、その選手村では13日の開村以降、4人の感染者が出ている。昨20日には新たに海外選手1人の陽性が確認された。大会関係者の感染者は1日以降、これで計67人。「安心安全」をうたう「バブル方式」は、聞いて呆れる脆弱さだ。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です