花見の宴はできないけど…2021年も「日本の桜」が世界で愛されている(現代ビジネス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:現代ビジネス

4月8日は「花まつり」。この日はお釈迦様の誕生を祝う灌木会だという。色とりどりの花が花御堂に飾られ、御稚児行列が行われることもある。

【写真】え、日本じゃないの?どこの国の桜かわかりますか?

 この「花」は桜のことではないけれど、やはり日本人にとって「春の花」として多くの人が筆頭に思い浮かべるのは桜の花だ。

 コロナ禍で花見の宴をすることはできなくとも、桜の美しい場所を歩いた人も多いことだろう。入学式や卒業式で満開の桜を前に記念撮影をした人もいただろう。今年は3月早くから咲き始めた地域も多かったので、卒業式で満開で、入学式は葉桜だったかもしれない。開花が遅く長く咲く八重桜でお祝いしたかもしれない。いずれにせよ、桜の花は新しい門出を祝ってくれる大切な花だと言える。

 その「日本の桜」が愛されているのは日本だけではない。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です