東洋紡×オンワードHD 外出自粛が直撃の繊維大手2社を比較【ライバル企業の生涯給与】(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【ライバル企業の生涯給与】

 1都3県の緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルスの感染拡大は収まりません。大阪などでは「まん延防止等重点措置」が適用され、外出自粛をする人が増えそうです。

佐藤健アミューズ独立裏で囁かれる「青年実業家」への転身 YouTubeデビューも布石のひとつ

 自宅時間が長くなると、売り上げ低迷に見舞われる業界は多くあります。飲食や宿泊、そしてアパレルもそうでしょう。外出する機会が減ればオシャレな服を身にまとう必要はありません。

 今回は繊維大手の「東洋紡」と「オンワードホールディングス」の社員待遇を比較してみます。

 東洋紡は1882年の創立です。大阪紡としてのスタートでした。かつては6大紡(東洋紡、日紡、鐘紡、富士紡、日清紡、日東紡)の筆頭として知られました。初代社長の山辺丈夫は英国で会った渋沢栄一に紡績技術者への転身を勧められたといいます。現在は各種フィルムや機能樹脂が収益の柱です。

 オンワードHDは1927年の創業。始まりは樫山商店でした。日本を代表するアパレルメーカーの1社です。「23区」「組曲」といったオリジナルや、「TOCCA」「ポール・スミス」などライセンスブランドを幅広く手掛けます。

 両社の業績はどうでしょうか。

 東洋紡は2020年3月期(連結)、オンワードHDは20年2月期(連結)で比較してみます。売上高は東洋紡が3396億円、オンワードHDが2482億円です。営業利益は228億円とマイナス31億円、純利益は138億円とマイナス521億円となっています。オンワードは巣ごもりの悪影響を大きく受けたといえるでしょう。

 有価証券報告書によると、社員の平均年収は東洋紡が632万1000円、オンワードHDが788万2000円です。50歳時の推定年収は726万円、946万円となっています。

 生涯給与はこうです。

▽東洋紡…2億3274万円
▽オンワードHD…3億2415万円

 両社の社員がこの収入に応じた平均的な支出を続けた場合、65歳時の推定資産(貯蓄可能額)は東洋紡7025万円、オンワードHD8157万円。85歳時は6705万円、7351万円です。どちらも安定した老後といえそうです。

(データ提供=Milize)

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です