グリーンランド総選挙 レアアース採掘反対の最大野党が勝利(産経新聞)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

【ロンドン=板東和正】北極圏に位置する世界最大の島、デンマーク自治領グリーンランドで6日に行われた自治政府議会選(定数31)の開票が行われ、英メディアによると、最大野党「イヌイット友愛党」が第1党になった。未開発鉱床としては世界最大とも指摘される同島のレアアース(希土類)採掘計画の是非が最大の争点で、同党は反対の立場だった。

 採掘計画には、世界のレアアースの約6割を生産する中国の企業が関与しており、米欧で警戒が強まっていた。英紙インディペンデントなどによると、イヌイット友愛党は12議席を確保し、採掘計画を支持する与党「進歩党」は10議席にとどまった。

 イヌイット友愛党は単独で過半数の議席に届かなかったことから、他党と連立政権に向けて交渉。その後、採掘計画への具体的な対応を公表する見通し。連立交渉の結果次第で計画が中止される可能性もある。同党は採掘地周辺の環境の悪化を懸念し、計画に反対していた。

 採掘計画では、中国のレアアース加工会社「盛和資源控股」が筆頭株主であるオーストラリアの鉱物探査企業が事業主体となっている。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です