【映像】ヤンゴン市内に防御陣地構築 反政府側に自家製武器も登場(AP通信)

出典元:AP通信

ヤンゴン、ミャンマー、4月5日(AP)― 軍事政権に対する抗議活動が続くミャンマー最大の都市ヤンゴンで4月3日、治安部隊の実弾使用に対抗すべく、反政府グループが道路に土のうを積み上げて、新たな防御陣地を構築している。
 デモ隊に対して迅速に行動したい治安部隊にとって、この土のうなどのバリケードは大きな障害物になっており、地域住民に銃口を向けて、撤去を強制することもある。
 ヤンゴンのタムウェ地区では、明らかに自家製とみられる空気銃を携えた反政府グループの姿も散見された。
 現地で活動する人権団体(AAPP)によれば、2月1日のクーデター以降、これまでに550人の市民が殺害されており、そのうち46人は子どもだという。また、2751人が拘留ないし何らかの刑を宣告されている。
 軍事政権はこれまでに、実力行使や大量逮捕で、全土に広がった反政府運動を鎮圧しようと躍起になっているが、これまでのところ強硬路線は奏功していない。
 一方の反政府グループは終始一貫して、民主的に選ばれた政府への政権移行を要求し続けている。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です