親に「医学部受験」を強要された多浪生たち…知られざるその「過酷な実態」(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

2018年1月、医学部受験で9年間浪人した女性が、受験を強要し続けた母親を殺害するという悲惨な事件が発生。今年1月に控訴審で言い渡された「懲役10年」の判決が、翌2月に確定した。

【写真】超難関「東大医学部」でも落ちる…? 知られざる「医師国家試験」の凄い世界

 また2018年7月には、当時の文部科学省局長が、同省の私大支援事業で東京医科大学に便宜を図る見返りに、1浪の息子を合格させてもらったという受託収賄容疑で逮捕された。この汚職事件の初公判は昨年7月に開かれ、現在係争中だ。今年3月22日には、息子が「加点がなくても合格したのに、裏口入学と言われ悔しい」と法廷で証言し、注目を集めた。

 2018年に起きた2つの事件に共通するのは、難関の医学部入試を突破してほしいという親の強い思いだ。

 医学部入試の合格者、医学部から進路変更を余儀なくされた多浪生、医学部受験に詳しい予備校関係者らへの取材をもとに、医学部受験に挑む親子の苦悩や多浪という現象の問題点について紹介する。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です