株式などの資産価格を押し上げている「何か」 「金利」か「量」かの議論に回帰(週刊東洋経済)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:週刊東洋経済

<2021年3月20日号> 米10年物国債金利は昨年末の1%以下という未曾有の低水準から、先月末以降、1.5%を超えた。過剰な金融緩和によるバブル化も指摘されていた株式市場では、長期金利の上昇が株価調整を招くのではないかとの懸念も出ていた。1.0%を超えたら危険信号、いや1.2%が分水嶺だなどと指摘されていたわけだが、ここまでのところ世界的にもまだ本格的な調整は起きていない。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です