海老蔵“ステージパパ”へ一直線!息子の「市川新之助襲名」年内実現に意欲(日刊ゲンダイDIGITAL)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

市川海老蔵(43)の「団十郎襲名」が先延ばしになっている中、海老蔵が長男の堀越勸玄(7)の「市川新之助襲名」を今年中に進めたいと吐露したと発売中の「女性自身」が報じている。

 当初は、昨年のうちに海老蔵親子がダブル襲名。東京五輪で華々しくお披露目の後、2年かけて襲名披露興行を行う予定だった。しかしながら、コロナ禍で頓挫し、いまだメドが立たず。歌舞伎界では4歳から7歳のうちに襲名するのが一般的で、後に続く“海老蔵”襲名スケジュールがずれ込んでしまうことを懸念しているという。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「ご自身の襲名披露は個人の問題ではなく、歌舞伎界全体の一大行事なのでどうにもならないのは百も承知。ただ勸玄くんの襲名だけなら、ある程度成田屋の裁量で現実化できる余地がある。勸玄くんが成田屋のプリンスであることは揺るぎない事実ですが、市川新之助を襲名するということは“一人前の歌舞伎役者”として見られ方も変わる。今しかできない役どころ、芸を教え込みたいのは、成田屋の当主としてもっともでしょう」

 ステイホーム期間中も親子3人でYouTube配信をするなど、精力的に活動。新橋演舞場1月公演「初春海老蔵歌舞伎」では、勸玄との「橋弁慶」で親子共演。長女・市川ぼたん(9)が「藤娘」を披露するなど、自分の襲名が延期になった分、子供たちに心血を注いでいる。

「娘のぼたんさん含め、親子で舞台に立てるのは、松竹の了承あってこそ。集客面、話題性では海老蔵親子に勝る千両役者はいません」(前出の川内氏)

 “ステージパパ”海老蔵の奮闘は続く。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です