DeNAはエースと4番がホクホク大幅増!梶谷&井納の巨人流出はむしろ吉(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

コロナ禍でも景気がいい。

 15日、DeNAは「エース」と「4番」の2人と契約更改。

 今季、チーム最多の10勝をマークした大貫が倍増以上となる5250万円、4番兼主将として首位打者を獲得した佐野も3倍近い4600万円増の7000万円でサインした。

 2人はトップクラスの活躍をしただけに、大幅昇給は当然と言えば当然だが、DeNAはこのオフ、今季18セーブを挙げた三嶋が3000万円増の1億1000万円、中継ぎの国吉が3割増の5720万円、今季4勝の平良が57%アップの3300万円になるなど、中堅クラスの選手に対しても手厚い待遇をしている。

 球団OBが言う。

「2020年度の選手平均年俸は3592万円で12球団中8位。そもそもソフトバンクや巨人と比べてシブチンな上に、今季4位に低迷したことを考えると羽振りがいい。来季は三浦新監督の就任1年目。選手のモチベーションアップを狙っているのでしょう。巨人へFA移籍した梶谷と井納、助っ人のロペス、パットンが退団して浮いた合計年俸(約4億5000万円)などは選手に還元しているようです」

 今季はコロナ禍で、球団の収入は大幅減となった。厳冬更改が予想されたものの、多くの選手がホクホクである。前出のOBが言う。

「来季は先発(井納)、リリーフ(パットン)、一塁(ロペス)、中堅(梶谷)の4つのポジションが空く。一塁は助っ人のソトを固定するプランがありますが、投手、野手ともに一軍で活躍するチャンスが増えることは間違いない。若手と中堅が入り乱れてポジション争いをし、選手同士が刺激し合えばチームは活性化する。そもそもDeNAはドラフトと育成に軸を置いたチームづくりをしている。梶谷、井納の巨人流出は一時的に戦力ダウンになっても、チーム内の競争力が高まることでむしろ、戦力が底上げされるのではないか」

 巨人は、梶谷、井納の両取りに左うちわだろうが、2人が抜けたおかげでカネとポジションを用意することができるDeNAに足をすくわれるかもしれない。

【広告】

快適なネットショッピングを体験しよう!!

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です