滋賀同居男性暴行死、傷害致死罪で起訴(産経新聞)

出典元:産経新聞

滋賀県愛荘(あいしょう)町のアパートで昨年10月、無職の岡田達也さん=当時(25)=に暴行を加えて死なせたとして親子2人が殺人容疑で逮捕された事件で、大津地検は16日、傷害致死罪で岡田さんと同居の無職、小林久美子容疑者(55)を起訴。傷害致死の疑いで小林被告の息子でアルバイト作業員の少年(19)を大津家裁に送致した。

 地検は傷害致死罪などに切り替えた理由を明らかにしていないが、殺意の立証が困難と判断したとみられる。

 起訴状などによると、小林被告は昨年6月ごろから10月25日までの間、息子と共謀し、同居していた岡田さんを虐待しようと考え、十分な食事を与えずに衰弱させたほか、金属製の棒で顔や胸を殴るなどの暴行を加え、敗血症性ショックで死亡させたとしている。

 地検は昨年8~10月に岡田さんの兄から現金を脅し取ろうとしたとする恐喝未遂罪や、平成23年に同町の別のアパートで同居していた男性=当時(23)=に暴行を加え、6カ月のけがを負わせたとする傷害罪で11月に小林被告を起訴している。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です