巨人松原の1600万円増更改は”慰謝料”込み…FA梶谷と守備位置重なりバックアップ要員に(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

育成出身の巨人・松原聖弥外野手(25)が15日、都内の球団事務所で契約更改に臨み、1600万円増の年俸2200万円でサインした。

ラミレス氏は“再就職”へ電話攻勢…日本での指導を熱望

 今季はシーズン途中から「2番・右翼」に定着し、86試合に出場。打率・263、12盗塁をマークした。8月に強肩を生かしてライトゴロを成功させるなど攻守でリーグ連覇に貢献。大塚球団副代表が掲げる「育成と発掘元年」の象徴として年俸大幅アップを勝ち取り、「まだまだできる部分が見つかった。満足せずに来年以降も頑張る」とホクホク顔だった。

 今季打率リーグ2位で、DeNAからFAで入団が決まった梶谷隆幸外野手(32)も同じ右翼手でポジションが重なる。

「試合に出られなくなるかもしれないが、それで落ちていくようではレギュラーにはなれない。追いつき追い越せで成長できるように」と松原は意気込んだものの、前途は多難だ。大塚副代表は「外国人2枚は取りたい。一塁と左翼」と宣言しているからだ。これが実現すれば、右から梶谷、丸、新外国人のオール補強組で外野枠は満員御礼。さらに残留を決めたウィーラーらも控えている。さる球界関係者がこう言う。

「ブレークしたといっても、2割6分くらいでは原監督にレギュラーとして認めてもらえなかった。だから、補強ポイントになったということ。最近では立岡あたりが、1、2年は外野のレギュラーを張って活躍したけど、突き抜けた成績を挙げて完全に掴まないと、すぐに補強の餌食になってしまう。今季の大部分は二軍生活でしたから。巨人には、こんな『1、2年プレーヤー』が多いんです」

 この日、1000万円ダウンの年俸1億円で更改した16年目の亀井は、同じ外野手の梶谷加入について「プレッシャーはあるぞと言いたい」とアドバイスを送った。どうやら松原は、重圧に押し潰された梶谷や新助っ人がコケた時、出番が回ってくるバックアップ要員となりそうだ。今回の大幅昇給は、そんな大補強を敢行中の球団からの“慰謝料”も含まれているのかもしれない。

【広告】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です