高知と香川の養鶏場で鳥インフル 今季11県に、殺処分へ(共同通信)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:共同通信

高知県と香川県はそれぞれ16日、宿毛市と三豊市の養鶏場で死んだ鶏から高病原性の疑いがあるH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今季の養鶏場での発生は福岡、兵庫などに続き高知で11県目。香川では12例目。

 農林水産省は同日、持ち回りで防疫対策本部を開催。池田道孝政務官を高知県に派遣することを決めた。

 高知県宿毛市の養鶏場では採卵用鶏約3万2千羽が飼育されており、県は殺処分を始める。同県内で養鶏場での鳥インフルエンザ発生は初めて。県によると、15日に養鶏場から「鶏が固まって死んでいる」との通報があり、簡易検査で陽性が判明していた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です