戦艦「大和」と同い年の技師が検証、その実力と生かせなかった理由(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

———-
1941年(昭和16年)の今日、史上最大の戦艦・大和が完成しました。その巨体はもちろんですが、46cm砲という主砲も、世界最大のスケールを誇りました。
しかし、残した戦果や実戦歴から、無用の長物と言われたり、航空機による戦闘が主流になりつつある時代に逆行していたことから”時代錯誤の大艦巨砲主義の産物”とともいわれています。
大和と同じ年の生まれで、映画『アルキメデスの大戦』では製図監修をつとめ、大和などの登場艦船の設計図をすべて描いた船舶設計技師が、本当に無用の長物・時代錯誤だったのか、大和の短かった生涯に思いを馳せます。
———-

CGで完全再現したらわかった! 元寇で押し寄せた蒙古軍船の弱点

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です