年収が上がる人は知っている…副業で「やってはいけない」危ないパターン(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

筆者はUZUZ(https://uzuz.jp/)という企業で20代を中心とした若手人材向けにキャリア支援を行っている。

「大学教授」の「給与、手当、ボーナス」一体どれくらいもらってるの?

 コロナショックが一息ついた(緊急事態宣言が解除された)6月以降、キャリア相談に来る転職希望者の話を聞いていると、コロナショック以前と比べて企業や業界の将来性に対する不安を口にする人が増えた。

 そのため、より安定した企業・業界に移りたいという転職ニーズや、市場価値が高い職種への転職ニーズ、さらには収入源を分散したいという副業ニーズが高まっていると感じている。

 日経HRと日本経済新聞の実施した「副業に対する意識調査」では、副業をしようと思った時期は「2019年以前(コロナショック以前)」と答えた人が最も多い65.4%だったが、「2020年1~3月」が6.8%、「2020年4~6月」が11.8%、「2020年7月以降」が16.0%となっている。

 つまり、新型コロナウイルス対策で非常事態宣言が発令された4月以降に副業に関心を持った人が少しずつ増えていることがわかる。

 具体的な副業の事例としては、『Yahoo!  Japan』の副業人材「100人採用」がある。大々的に100名を副業人材として採用すると打ち出したところ、なんと4500人以上の応募があった。

 大手企業の要職経験者、フリーランス、学生、市長と様々なバックグラウンド、年齢層も15~80歳までと幅広い層の人材が副業を希望し応募したようだ。

 このように副業を敬遠する傾向にあった大手企業にも副業を推奨する動きが出てきており、コロナショックにより在宅勤務が一般化し、副業を取り巻く環境は一変した。

 そんな副業を求める人材が圧倒的に増えた背景を踏まえ、『転職と副業のかけ算ー生涯年収を最大化する生き方ー』の著者で、「転職アンテナ」という転職情報サイトを運営する、moto氏にコロナショック下での転職と副業を取り巻く状況について話を聞いた。

 moto氏はこれまで5度の転職を経験。転職のたびに年収をアップさせてきた。著作『転職と副業のかけ算』はベストセラーとなり、現在は転職に特化したASP事業「AdAntenna」を運営。

 本業とは別に副業を事業化することで会社経営こなす、まさに「転職」と「副業」の両面を知り尽くした人物だと言える。

 筆者も若手人材向けのキャリア支援をしている背景から、対談形式でコロナショック下での転職と副業についての議論を深めていく。

【広告】

【Finnish Baby Box】

ベイビー・マタニティーグッズ!

出産を控えたママや出産祝いに。。

北欧デザインまたはムーミンのデザインのベイビーボックス!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です