中国・習近平が「バイデン政権誕生」のスキにつけ込み、行動をエスカレートさせている…!(現代ビジネス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:現代ビジネス

前稿では、日米豪印の結束に対して、中国が危機感を強めている点を指摘した。国際政治における前稿からの最大の変化は、アメリカにおいてバイデン新政権の発足が確実となったことだろう。トランプからバイデンへ。共和党から民主党への政権交代は、日本だけでなく中国にとっても外交戦略を練る上で、避けて通ることができない巨大なインパクトを与え始めている。

【写真】日本人は知らない…中国の「990万人コロナ検査」で見えたヤバい事実

 バイデンは電話による首脳外交をまずは隣国カナダ、そしてイギリス、フランス、ドイツという欧州主要国から開始した。米加英仏独の5か国の共通点は何か。それはNATO(北大西洋条約機構)の主要なメンバーということである。

 同盟重視を掲げるバイデンは、トランプ政権下で毀損されたともいわれる大西洋同盟の再建に乗り出そうとしている。NATO側もこれに呼応するかのように、本部が所在するブラッセルへのバイデン訪問を招請している。なおバイデンは自らのルーツであるアイルランドの首相とも同じタイミングで会話を交わしている。アイルランド系でカトリックの民主党大統領にはかつてジョン・F・ケネディがいた。

 バイデンが次に言葉を交わしたのが、日本、オーストラリア、韓国の首脳だった。日豪韓3か国の共通点は、インド太平洋地域におけるアメリカの条約上の同盟国だということだ。中でも菅義偉総理との電話会談で日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用が再確認されたことは、日本に一定の安心感を与えた。

 だがバイデン外交がこのままスムーズな滑り出しを見せるかどうかはまだわからない。来年1月5日のジョージア州での決選投票の結果次第ではあるが、外交に強い権限を有する連邦議会上院は共和党が制する公算が大きい。

 新政権が、大統領が所属する党と議会の多数派の党が別々のものになる「分割政府(divided government)」の下での発足となれば、1989年ブッシュ・シニア政権発足以来32年ぶりのこととなり、大きく出鼻を挫かれるだろう。オバマ政権で大統領補佐官を務めたスーザン・ライスを国務長官に据えなかったのは、上院共和党の反発が予想され指名承認のメドが立たなかったからだろう。

 加えてバイデンは民主党左派の動きにも制約を受けよう。国防長官候補の本命とみられていたフロノイ元国防次官の指名が見送られたのは、彼女に対する民主党左派の反発があったからだろう。サンダース上院議員らは日米同盟にも影響を及ぼしかねない国防費削減を唱えており、バイデン政権下での民主党左派の動向は日本にとっても決して他人事ではない。

 そもそもバイデン政権にとっては新型コロナウィルス対策に加えて、人種問題といったアメリカ国内の分断にどう取り組むかが優先課題となる。民主党内の分断、議会での分断、そして国内の分断という3つの分断に足を取られ、バイデン政権の視線は内向きにならざるをえないだろう。

 深い分断にアメリカが悩む中で、超党派の有識者によってCSIS(戦略国際問題研究所)にて発表されたのが、日米同盟に関するアーミテージ・ナイ報告書2020だ。詳細を紹介する紙幅の余裕はないが、日米同盟にとっての安全保障上の最大の課題を中国と位置付けたことは、紹介する価値があるだろう。

 バイデン外交の注目点はやはり対中政策だろう。トランプとの最大の違いは、米中協力を模索しようとしていることだ。例えば新型コロナ対策を始めとした国際保健分野はその対象となるだろう。WHO(世界保健機関)からの脱退も撤回ということになる。

 加えてバイデン及び民主党が重視する気候変動についても協力が図られるだろう。オバマ政権での国務長官在任中にパリ協定を極めて重視したケリーは、バイデン政権では気候変動問題担当の大統領特使として中国からの協力を取り付けようと動くだろう。

 だが現在バイデンの次男ハンターについて、中国ビジネスを巡って脱税や資金洗浄といった疑惑が取りざたされており、司法当局の捜査が今後大きく影を落とす可能性がある。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です