ドラマ『半沢直樹』帝国航空編はモデルの事件よりスケールが小さかった? 現役銀行員の間でも話題に(エキサイトニュース)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:エキサイトニュース

日曜ドラマ「半沢直樹」が昨日最終回を迎えた。番組視聴率は30%越え、有終の美を飾った。

ドラマ「半沢直樹」には、金融用語が多く出てくる。以下のインタビューでは、そんな金融用語を現役の銀行員の方に解説してもらう。

前編(※関連記事参照)では、某メガバンクに勤務する現役の銀行員・Aさん(仮名)にドラマの5話までの内容を解説してもらったが、後編ではドラマの後半部分ともなる帝国航空編(原作は池井戸潤『銀翼のイカロス』)を解説してもらう。

帝国航空編での半沢はかなり優秀
――ドラマ後編の「帝国航空」編は、半沢が出向先の証券会社から銀行に戻ってくるところからスタートしますが、その前に「そもそも銀行とは何なのか」をお聞きしたいです。

銀行って、3大業務といわれているものがあるんです。『預金・貸出・為替』という業務ですね。

「預金」はご存知の通り、お金をお預かりする仕事です。「貸出」は預金をもとにして貸出をする仕事です。「為替」は振込とか送金のように、お金を移動させる仕事ですね。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です