渋野日向子「夢かと…びっくり」独走3打差首位! 好調の要因「自分を捨てたこと」 日本人初のメジャー2勝目に前進(夕刊フジ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:夕刊フジ

■米女子ゴルフメジャー「全米女子オープン」第2日(11日、テキサス州チャンピオンズGC サイプレスクリークコース=6731ヤード・パー71、ジャックラビットコース=6558ヤード・パー71)

 昨年の全英オープンに次ぐ、メジャー2勝目が現実味を帯びてきた。首位に1打差の2位から出た渋野日向子(22)は6バーディー、2ボギーの67と伸ばし、通算7アンダーで、2位に3打差をつけて単独首位に立った。4~5メートルのバーディーパットを次々と沈めて後続を引き離し、自慢のスマイルを見せながら小雨の難コースを快走。日本人初のメジャー複数勝利の偉業を照準に捉えて決勝ラウンドに進出した。

 「上がってアテスト会場で自分の順位を見たときに夢かと思いました。本当に自分じゃないみたいで、この結果にはびっくりしています」

 ホールアウト後、渋野はいつものように笑顔で語った。

 2コースを交互に回る予選。2日目のこの日は距離のないジャックラビット(JR)コースを回った。小雨と風をものともせず、パー5の1番で4メートルのパットを沈めてバーディー発進。いきなり首位に並んで波に乗った。

 前日から好調だったショットにパットがかみ合い、他選手が苦しむ4~5メートルのパットが面白いようにカップに吸い込まれた。6番ではピン手前から4・5メートルを沈めてバーディーとし、単独首位へ。

 8番でボギーを叩いたが、パー5の10番で5メートルのバーディーパットを沈めて流れを引き戻し、12番で2・5メートル、15番でも6メートルのパットを読み切ってバーディー。16番で2つ目のボギーを叩いたものの、全く気にする様子もなく、続く17番では下りの3メートルを難なく流し込んで再び7アンダーとした。

 「天候がどうなるかわからない中で、朝から耐えるゴルフをしようと思っていた。昨日の(好調だった)ゴルフはなかったことにして、また新しい1日目と考えていたことで、また今日ものびのびできた。4つも伸ばせたことが正直すごい。ショットがすごくいいのもあるが、パットがここまでいいのは久しぶり。6個も(バーディーを)取れたことが奇跡」と渋野。

 2日間で10個のバーディーを奪っているが、今大会のパットは全英オープンで有名になった強気一辺倒の「壁ドン」とは一線を画している。丁寧にグリーンを読んで、リズムのいいストロークでのジャストタッチが目立った。大舞台での強さは相変わらずだが、プレーの内容に苦心や大きな成長がみられる。

 調子を落としていたショットも今大会では安定感抜群だ。今夏、全英オープンにディフェンディング・チャンピオンとして臨んで予選落ちした際にはショットが乱れて「地獄でした」と落ち込んでいたが、半年で再び輝きを取り戻した。

 今大会の好調の要因について、「今までの自分を捨てたことかな。プロになりたての1年目、ゴルフ始めたてのころの気持ちでいた方がゴルフに対して成長できる。初心にかえったことかな」と振り返った。メジャー勝者の栄光を一度忘れて、勇気を持って新しい技術、メンタルを再構築しようとしたことがいい結果につながっているようだ。

 開幕前に立てた第1目標は予選通過と話していたが、それはクリア。「とりあえずこの位置にいる間に写真を撮って余韻に浸りたい。(決勝ラウンドは)粘るゴルフが必要だと思う。そこは徹底的に頑張りたい」

 メジャー2勝となれば、日本人史上初の快挙。決勝はサイプレスクリーク(CC)コースで行われる。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です