未来的コックピットに600m先を照らすLED!? メルセデスベンツ Cクラス 次期型は最新技術が満載(レスポンス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:レスポンス

メルセデスベンツが開発を進める主力モデル『Cクラスセダン』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

関連画像を見る

キャッチした開発車両は、11月に捉えた車両と似たカモフラージュだが、ドアのステッカーがなく、ナンバープレートが異なることから別車両であることがわかった。

ボディサイドパネルが完全に露出し、キャラクターラインがクロムトリムのドアハンドル上部、ベルトラインの真下へ配置され、現行型より目立たなくスッキリと進化している。また下部のキャラクターラインは大きな変更がなく、後部に近づくにつれ、緩やかにキックアップしていることも確認できる。

入手した最新情報では、キャビン内にアウディのフラッグシップセダン、『A8』新型用に開発されたバーチャルコックピットに非常に似たシステムが搭載されるという。ドライバーが手で仮想ボタンの一つにタッチすると、拡大して表示、情報は30cm幅のフラットディスプレイに映し出され、3Dマップ表示が可能となる。しかし、操作オプションが多すぎると顧客が混乱するため、ジェスチャーコントロールは採用されない。

また照明技術では、キセノンを廃止し、LEDシステムへ移行、メインビームはレーザー技術なしで最大600m照射するという。さらにSクラス新型で注目を集めた「リモートパーキングアシスト」も搭載、スマートフォンを用いて外から駐車をコントロールできる優れものだ。

次期型には「MRA」プラットフォームのアップデート版を採用、ガソリン、ディーゼル、電動パワートレインに対応することになる。パワートレインは、48Vマイルドハイブリッドの「EQブースト」をメインとし、エントリーモデルには、最高出力185psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッド、最高出力192psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド、さらに100kmのEV走行を実現すると噂される直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドも有力だ。

Cクラスセダン次期型のワールドプレミアは、2021年初頭と予想され、その後はステーションワゴン、オールテレーン、クーペ、カブリオレなどが順次登場することになるだろう。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です