元C.C.ガールズ原田徳子さん 夢はスポーツ国際試合での国歌斉唱でイメトレも(日刊ゲンダイDIGITAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】

 原田徳子さん(シンガー・50歳)

 90年代には人気だったセクシーグループC.C.ガールズの初代メンバーとして活躍し、2010年代からはソロ歌手として活動している原田徳子さん(50)。今年50歳、デビュー30周年の節目だが、セクシーな美貌は今も変わらず。死ぬまでにやりたいことは、なんとスポーツ国際試合での国歌斉唱だという。真剣な夢への思いを明るく熱く語ってくれた。

 ◇  ◇  ◇

 テレビでアーティストさんが国歌斉唱されてるのを見ると、いつも「いいなぁ。いつか私も!」と思っていました。国歌斉唱をやりたいと考えるようになった大きな理由は2つあるんです。

 父が野球をしていた影響で、小学校から高校までソフトボール部で活動し、芸能界に入らなければ五輪を目指していたかもしれないくらい本格的に取り組んでいました。初めは投手で、途中からは打撃に集中するために内野手に転向。打率は3割以上だったんですよ(笑い)。

 幼い頃は漫画「野球狂の詩」の水原勇気さんに憧れて女子プロ野球選手を夢見たこともありましたが、中学生の頃には完全にもうひとつの夢であった歌手一筋。男の子だったら間違いなくプロ野球選手を目指していたでしょうね(笑い)。

 それほどスポーツと歌の両方が好きだから、昔から大きな国際大会の放送は国歌斉唱から見入っていました。

 芸能界に入り、グループ卒業後から海外に住んでいた時期を経て、10年ほど前に復帰する時は念願のソロ歌手として活動再開。国歌斉唱への夢がさらに現実的に大きく膨らんでいったんです。

 国歌斉唱って重要ですよね。試合直前の選手の皆さまと、それを応援する皆さまのすべての魂をひとつに結集させる役割を担うわけですから。

 私の音楽スタッフにも国歌斉唱に注目している人がいて、「あまりひねって歌ったりするよりはストレートに歌った方がいいですよ」など私と国家斉唱談議に花が咲くことも。

■印象に残っているのは藤井フミヤや和田アキ子さん

 実は自分がもしその機会をいただけたならキーはどうしようか。すべて地声でいくのがいいのか。高音部分はファルセットも使った方がいいのか……。まだ依頼もきていないのに(笑い)日々密かにイメージトレーニングまでしています。

 今までで印象に残っているのは藤井フミヤさん。ご自身の癖は抑えめながらも、声の特長は出しつつ自然にまっすぐに歌っていらっしゃるのが、とても心にスッと入ってきてステキでした。

 和田アキ子さんがとても緊張されて、少し震えながらも気持ちを込めてパワフルに歌唱していらっしゃったのも印象的で記憶に残っています。どうしても、同じシンガーの方々がどのように歌唱するのかが気になりますね。

■ビヨンセはカッコよかった!

 研究のために動画で海外も含めていろいろなアーティストの国歌斉唱も見てます。

 アメリカでは、ビヨンセさんが国歌斉唱を何かの事情で生歌唱を行わなかったことがありました。「実は歌えないのではないか」などとメディアに批判されましたが、その後の記者会見です。言葉では反論をせず、記者さんたちの前でいきなりアカペラで国歌を完璧に歌いきり、全員を魅了してしまった。めちゃめちゃカッコいいなぁと思いました!

 当たり前ですけど、国歌斉唱は歌手として認められた人じゃないとできないじゃないですか。ですので、私もさらにさらに歌手として精進していくことが大事だと思っています。もし機会をいただけた時に「なんでこの人が歌ってるのだろう?」とならないように。もちろん、私は大まじめです!

 年齢制限はないので、本当に死ぬまでの目標です。諦めません。「諦めないやつにはかなわない」は、かのベーブ・ルースの語録からの引用で、私のキャッチフレーズでもありますので!

 今年はちょうど50歳になり、デビュー30周年の節目の年でしたが、コロナの影響でライブもできないまま終えることになってしまって。なので来年は新アルバムとフォトブック発売など盛りだくさんの予定です。もちろんライブも!

 サードアルバム「NORINORI WORLD」でセクシーなジャケット写真を使用してから、ありがたいことにグラビアのオファーをたくさんいただきます。

 今回のフォトブックは楽曲イメージと連動するようなクールセクシーなものにしたい。そう思っています。私のファンやライブを見にきて下さる方の半数は女性なので、女性の方々にも楽しんでいただけるようなものをぜひともお届けしたいです。

 声だけじゃなく、心身ともにつねに準備しながら、来る日のためにイメージトレーニングも続けていきます(笑い)。いつか私の歌で選手の皆さま、応援する皆さま、すべての皆さまの魂がひとつになれる時がきたら最高です!

(聞き手=松野大介)

▽はらだ・のりこ 1970年1月、石川県出身。90年に日本美人大賞準グランプリ。翌年、C.C.ガールズ結成メンバーに。卒業後、休業を経て2009年からソロ歌手として活動を再開。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です