「恋あた」仲野太賀が演じる“まこっちゃん”にロスを感じるワケ(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

連ドラの終了が近づくと、ネット上には〈~ロス〉という言葉が踊る。今期は、高視聴率をキープした木村文乃(33)主演の「七人の秘書」(テレビ朝日=木曜夜9時)が最終回を迎えた10日に、〈秘書ロス〉や〈千代ロス〉なんてコメントが並んだ。

「数字で言えば『七人の秘書』は世帯視聴率が全話平均14%以上と、今期の一人勝ちでしたから、終了を惜しむ声としては当然かもしれません。でも〈ロス〉は、恋愛ドラマのキャラクターに向けられることの方が多いんです」(テレビ誌ライター)

 恋愛ドラマが多かった今期。世帯視聴率では10%に届かないながらネット上の反響が大きいのが、森七菜(19)主演の「この恋あたためますか」(TBS=火曜夜10時)だ。

「格差恋愛、クリスマスにクライマックス、四角関係などなど、分かりやすくベッタベタのラブコメに、気持ちよくハマる層の支持が熱いですね」(前出のテレビ誌ライター)

 ドラマは〈最終章〉に入り、森七菜の“キキちゃん”、中村倫也(33)の“社長”、石橋静河(26)の“里保さん”、仲野太賀(27)の“まこっちゃん”の4人の関係が、クリスマスの”結論”に向けて加速する。

 中でも、ネット上で評判を集めているのが、“まこっちゃん”こと新谷誠を演じる仲野。

〈イケメンというジャンルではないけど、好き〉〈まこっちゃんとキキちゃんが似合いすぎて、思わず応援したくなる〉などなど、支持する声も多い。

 テレビコムニストの亀井徳明氏は「森さんと仲野さんの組み合わせは、どこかホッとさせるものがあるんですよね」と、こう続ける。

「いい意味で2人は圧倒的な美人オーラ、美男オーラを放つタイプではない。しかも、今回の役柄は面倒くさい人間でもある。でも、こんなコ、こんなヤツがいたらいいなって思わせてくれる。そういう感じは、2人が共演し、昨年秋に公開された『ティファニー×ゼクシィ』の動画を見ると、いっそう深まると思いますよ」

 森は本作でドラマ初主演だが、仲野も実は今期の放送中の深夜ドラマ「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京=金曜深夜0時12分)で初主演。その第3話のヒロインとして森も出演している。

「昨年の6月に芸名を『太賀』から『仲野太賀』に改めてからの方が、役者として一皮むけたというか、彼の繊細さが際立つようになったと思います。お父さんの中野英雄さんより、同じ元『一世風靡』なら柳葉敏郎さんに近いというか。柳葉さんより、さらに繊細な印象ですね」(在京キー局関係者)

 森“キキちゃん”×仲野“まこっちゃん”を思わず応援したくなり、ドラマの終わりが近づくと〈ロス〉を感じる人が多いのは、そういうところにあるのかも。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です