関学大が多彩な攻撃で3連覇、日大との「因縁の対決」制す…甲子園ボウル(産経新聞)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:産経新聞

社会問題化した悪質タックルの当該チーム同士の対戦として注目を集めたアメリカンフットボールの東西大学王座決定戦、第75回甲子園ボウルが13日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、関西代表の関西学院大が関東代表の日本大を42-24で下して3連覇を果たし、史上最多を更新する31度目の優勝を飾った。関学大は来年1月3日の日本選手権、ライスボウル(東京ドーム)で社会人王者と対戦する。

 両校が試合を行うのは、日大の選手がパスを投げ終えた関学大QBの背後から危険なタックルを行った2018年5月の定期戦以来。甲子園ボウルでの対戦は、今回が30度目だった。

 関学大は第1クオーターにQB奥野のTDパスで先制。一度は試合をひっくり返されたが、第2クオーターに2TDを奪って勝ち越した。第3、第4クオーターにもパスとランを織り交ぜた多彩な攻撃で着実に追加点を挙げ、粘る日大を振り切った。

 日大は0-7の第1クオーターに2TDを挙げて逆転。第4クオーターには、RB川上のTDランなどで追い上げたが及ばず、3年ぶり22度目の優勝を逃した。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です