消えた120億円…コロナ禍で歌舞伎界がうけた大ダメージ(現代ビジネス)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:現代ビジネス

市川海老蔵の團十郎襲名で盛り上がるはずの一年が、予想もしなかった形で終わろうとしている。

【写真】知ってましたか? 歌舞伎界・梨園の「格付けと格差」

 結局、海老蔵は今年、一度も歌舞伎座の舞台には立たなかった。

 1月は例年と同じ新橋演舞場で座頭公演。今年は「海老蔵として最後の演舞場公演」のはずだった。

 2月は最後の地方公演で、博多座に出ていた時、政府のイベント自粛に応じて公演中止となった。3月・4月は、もともと舞台の予定はなく、5月から7月までの歌舞伎座での襲名披露公演に備えていた。

 5月の襲名披露公演のチケット発売日は4月8日で、どうなるのだろうと思っていたが、その前日の7日、襲名披露公演のすべての延期が発表された。

 歌舞伎座は8月に再開したが、12月までの5ヵ月、結局、海老蔵は一度も出なかった。

 海老蔵は全国各地をまわる自主公演から芝居興行を再開し、11月は博多座で本公演も打てた。チケットは後半は完売していた。

 2021年1月も新橋演舞場で「海老蔵歌舞伎」と銘打っての公演の予定だ。

 團十郎になるまで、歌舞伎座には出ないという強い意志のようなものを感じる。

 海老蔵の公演が「海老蔵歌舞伎」と銘打たれるのも初めてで、過去に、他の役者でも、例はないのではないか。「坂東玉三郎特別公演」とか「中村勘三郎奮闘公演」と銘打たれることはあったが。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です