梅宮アンナさんが語る、父・梅宮辰夫の「死後の手続き」はこんなに大変だった(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

「去年の12月12日に、父(梅宮辰夫さん)が亡くなってから私は一度も泣いていません。涙を流す暇も余裕もないほど、父の死後の手続きは大変だったのです」

役所があえて教えない、申請すれば「もらえるお金・戻ってくるお金」一覧

 こう明かすのは、辰夫さんの一人娘のアンナさん(48歳)だ。この一年は、相続のための書類集めに悪戦苦闘してきた。

 「父の死後、母(クラウディアさん・76歳)は憔悴して泣いてばかりでした。母はアメリカ出身のため、日本語の読み書きが得意ではありません。一人娘である私が全部やるしかなかったのです」

 アンナさんがまず困ったのが、父名義の銀行口座の凍結だった。

 「父の場合は芸能人ということもあり、死亡届を出す前にテレビのニュースで亡くなったことが報道されました。そのため死後わずか4日で口座が凍結されて、預金が下ろせなくなったのです。やむをえず葬儀の費用や、新しくお墓を建てる代金も私の貯金から出しました」(アンナさん、以下ただし書きのない「」も同)

 銀行は名義人の死亡を知った瞬間に、口座を凍結する。葬儀の看板、地方紙のお悔やみ欄なども、そのきっかけになる。口座からカネを下ろせなくなり、困ったのは妻のクラウディアさんだ。

 「梅宮家のおカネの管理は、すべて父がやっていました。母は毎月、現金で生活費を手渡しで受け取っており、自分名義の口座を持っていなかったのです。しかも、口座凍結でクレジットカードも使えなくなりました」

 専業主婦のなかには、梅宮家と同じように妻名義の口座を持っていない人も多い。税理士の山本和義氏は語る。

 「年110万円までは、無税で財産を贈与できます。この暦年贈与を使い、夫の口座から妻の口座に預金凍結に備えた資金を移しておくと安心です」

 クラウディアさんが暮らしていくおカネを確保するために、一日でも早く口座凍結を解除したい。だが、そう簡単にはいかなかった。

 辰夫さんは遺言書を残していなかったため、「遺産分割協議書」を作成しなければならなかったのだ。

 「もし梅宮さんに遺言書があれば、指定された分け方に従ってすぐに預金の名義変更ができました」(前出・山本氏)

 アンナさんはまず、すべての遺産を把握する必要があった。

 「父は十数個も口座を持っていました。昔の人らしく一つの銀行で3つ、4つ口座を持っていたのです。幸い父の場合は、通帳を同じ場所に保管していたのでよかったのですが、地方銀行もあったので、(残高証明を取るため)現地に足を運ぶ必要もあり大変でした」

 そうこうしている間にも、「相続税の申告と納付」の期限、死亡後10ヵ月がどんどん迫ってくる。当初、アンナさんは10ヵ月もあれば、十分だと思っていたが、実際にやってみるとかなりの手間を要したという。

 財産を名義変更するには、他に相続人がいないことを示すために、生まれてから死ぬまでのすべての戸籍謄本も揃えなければならない。

 「一番苦労したのは、父の戸籍謄本の取り寄せです。父は旧満州の生まれで、俳優時代から住まいを転々としていたので、足跡をたどるのに本当に苦労しました。結婚前にどこに住んでいたかなんて、子供はもちろん、母ですら把握していませんでしたから」

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です