2アンダー5位T発進の笹生優花には2つの国籍 全米女子OPゴルフでは「日の丸」なし(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【全米女子オープンゴルフ】第1日

 笹生優花(19)の初日はサイプレスクリークCのアウト発進。9番で4つ目のバーディーを奪い、一時は単独首位に立ったが、11番は右ラフからフェードでピンを狙った第2打がグリーンに乗ったものの、フック回転がかかったボールはグリーン左の斜面を転がり池に落ちた。第4打はピン70センチに寄せてボギー。18番も1・5メートルのパーパットを外し、2アンダーの5位タイでホールアウトした。

「まだ初日ですけど、このように終われてよかったです。コースは長いですが、各ホール攻めやすいようにプレーしていますし、今日はショットが良かった。あすのコースも短くはないのでフェアウエーをキープしてグリーンに乗せる。予報は悪天候なのでしっかり準備します」(笹生)

 アマチュアで出場した昨年は予選落ち。今年は日本ツアーで2勝し、もっか賞金ランクトップの新人プロとしてやってきた。USGA(全米ゴルフ協会)のホームページにあるリーダーボードを見ると、5位タイに日の丸がない。笹生の名前の横には4色のフィリピン国旗が。

 現在、世界ランク50位の笹生は、母の故郷であるフィリピンと父の母国・日本の2つの国籍を持つ。来年の東京五輪にフィリピン代表として出場するため、同国の選手として登録されているのだ。

 笹生が今大会に優勝しても、日本人のメジャー制覇とはならないのは残念だ。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です