織田無道さん死去…半年前のインタビューで明かしていた「全身がん」との壮絶闘病(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

90年代のオカルトブーム流行時、水晶で霊視する霊能力僧として、テレビ番組で引っ張りだこだった織田無道さんが9日に亡くなっていたと報じられた。68歳だった。

【写真】初代「電波子」滝島梓さんは今…着物の師範に

 日刊ゲンダイは今年5月、<あの人は今こうしている>で、6年ぶりに本人に直撃インタビュー。その際、明かしていたのが全身を「がん」に蝕まれていることだった。

「『余命1年。それどころか今日、明日死んでも不思議はない』と言われたのが2年前の6月でした。実は私、がんなんです。それも直腸、大腸、胃、腎臓、肝臓、肺と全身ががんだらけ。肺なんて25カ所目の転移ですからね。ステージ4? そんなもの、とっくに突き抜けてますよ(略)末期も末期、末期っ期だった。しかも、『手術も抗がん剤治療もやっても無駄。せいぜい数カ月延命できるかどうか……』って断言される始末」

 織田さんは、都内のがん専門病院、さらに地元・神奈川県屈指の大学病院でも診察してもらったものの、いずれも「余命1年」と告げられたという。

「そこまでハッキリ言われたのが、むしろ良かった。中途半端に夢や希望を持たされたら気持ちが切り替わりません。『じゃあ、一般的な抗がん治療は一切拒否して、自分がやりたい治療を体験して、必ずや克服してやるぞ!』って心が奮い立ちました」

 以来、がんに効く!と聞けば、漢方、サプリ、ワクチン、免疫療法などあらゆる民間療法にチャレンジ。さらに自称・超能力者のセミナーにまで参加した。

「総額3000万円以上、使ってますね。1本2万円のドリンクを毎日、グビグビ飲んでたこともありました。でも気をつけてください。経験からいうとほとんどが詐欺ですから。善良な坊主をだまそうなんて不届き千万、間違いなく地獄行きです。ハハハハハ(略)そう簡単に死にゃあしませんよ」

 最期まで豪快な“怪僧”だった。冥福を祈るばかりだ。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です