宝くじのプロが解説 当選確率を上げる「紅白歌合戦優勝チームの法則」って何? 評論家に聞いた(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

今年も「年末ジャンボ宝くじ」が12月25日まで発売中だ。1等賞金が7億円、前後賞が各1億5000万円の総額10億円が当たるチャンスがある。まずは麻布十番のタワーマンションを3億円で購入し、さっさと会社を辞めて地中海クルーズをして……なんて夢が膨らむ。確率を上げるための素朴な疑問を、宝くじ評論家の長利正弘氏に聞いた。

■億万長者に2.5倍近づく方法

 年末ジャンボを10枚セットで買うとして、大きく分けて「連番」と「バラ」という2種類の方法がある。連番は組が同じで番号が連続しているため、1等が当たれば前後賞も合わせた当せん金を獲得できる。バラは、組も番号もバラバラの10枚で構成。どうしても10億円が必要という人は連番を買う必要があるが、1億円以上の“億万長者”狙いなら、「バラ」がお勧めだという。

「連番よりもバラの方が億万長者になる確率が2・5倍も高いからです。ここでは、『1億円以上が当たる』ことを目指します。連番で10枚を買った場合、その10枚プラス前後2枚の合計12個の番号のどれかが1等に当たれば、億万長者になれます」

 たとえば、「12組123450~12組123459」の10枚を購入したとしよう。1等が12組123449と同123460でも前後賞は取れる。したがって、1億円以上が当たる確率は、12/2000万枚(1ユニット)となる。約166万7000分の1の確率だ。

「バラの場合は、10枚それぞれに『前賞』『1等』『後賞』の可能性があります。10枚×3で、億万長者になる確率でいえば30/2000万(約66万7000分の1)となります」

 まとめ買いなら、「ジャンボ」特有の買い方がある。

「売り場で下2ケタを『00~99』で揃えた『福連・福バラ100』(3万円)と言って購入します。買った瞬間に6等3000円1本と7等300円10本の計6000円の当せんが約束されます。実質2割引きで購入できるという仕組みで、さらに高額当せんのチャンスもあります」

■「年末ジャンボ」特有の当せん確率を上げる“法則”

 年末ジャンボの1等が7億円(前後賞合わせて10億円)になったのは2015年からだ。それまでの5億円から上がったのと同時に、組の数もそれまでの「01~100組」から「01~200組」へと増えたため、当せん確率も1000万分の1から2000万分の1になった。実は当たりにくくなっている。

「その半減した確率を補う法則が存在しています。それが『紅白歌合戦優勝チームの法則』で、白組が優勝すれば翌年の年末ジャンボの1等は『01~100組』、紅組が優勝なら『101~200組』が抽せんされているのです」

 14年は白組優勝→15年は86組

 15年は紅組優勝→16年は104組

 16年は紅組優勝→17年は165組

 17年は白組優勝→18年は96組

 18年は白組優勝→19年は39組

「19年の優勝は白組でしたので、今年の年末ジャンボの1等は『01~100組』の範囲が来ると予想されます」

 当たるも八卦……。

 長利氏は、紅白歌合戦の法則に合わせて「サマージャンボ」の組数をチェックすると、さらに当たる確率が上がるとみている。

「過去2年のサマージャンボの組の十の位と一の位の合計の末尾数字が、その年の年末ジャンボに引き継がれていることがわかります。たとえば、18年のサマージャンボ(87組)と年末ジャンボ(96組)の合計の末尾数字は5でした。今年のサマーは98組なので、合計の末尾が7になる組み合わせが狙い目です」

 つまり、「07」「16」「25」「34」「43」「52」「61」「70」「89」「98」の10種類だ。

「組数くらいなら『希望する番号』を購入できるので、混んでいない雨天などを選んで買いにいくのがお勧めです。悪天候の日はお客さんが少ないため、欲しい番号を探しやすくなります。売り場の人に『窓口に置いてある中にはないので、ちょっと裏の金庫の中を確認してきますね』という対応をしていただいたこともありました。また、ネット購入の最終日は要注意。年末ジャンボは最終日の23時50分まで購入が可能となっていますが、一昨年も昨年も21時ごろからサイトにアクセスできず、購入できないケースもありました」

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です