「ヒゲダンは愛してるよりも愛しがりたい」Official髭男dismっぽい歌詞とは何かを調べてみた(エキサイトニュース)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:エキサイトニュース

Official髭男dism(以下、ヒゲダン)が8月5日に『HELLO EP』をリリースした。映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」の主題歌となっている「Laugher」やフジテレビ系「めざましテレビ」テーマ・ソングの「HELLO」、2020年「カルピスウォーター」CMソングの「パラボラ」も収録されており、発売前から楽しみにしていた人も多いだろう。

「Laugher」をはじめ、ヒゲダンの曲は少し聞くだけでも「ヒゲダンかな?」と分かるくらい個性の強い曲が多い。というわけで今回は特に歌詞に注目して「ヒゲダンの歌詞にどんな特徴があるのか」を調べてみたい。

ヒゲダンはかなりの頻度で「~さ」と呼びかけてくる
まず、ヒゲダンの歌詞の特徴として取り上げたいのが「呼びかけてくることが多い」説。

ヒゲダンに限らず、J-POPは「~なのかい?」「~なの?」といった形でリスナーに不意に呼びかけてくることが多いが、なかでもヒゲダンは特に「~のさ」「~だからさ」といった「”さ”でかなり呼びかけてくる」という説を提唱したい。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です