片岡孝太郎コロナ陽性で“綱渡り公演”…それでも幕が上がる歌舞伎役者の底力(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

11月の国立劇場に出演していた片岡孝太郎が新型コロナの陽性反応が出て、出演していた第2部が23日から千秋楽の25日まで中止になった。さらに、12月5日からの京都・南座公演では、父・仁左衛門も濃厚接触者に該当し、5日と6日は休演し、7日から出演。孝太郎は2日に退院したが今月は休演のようだ。いずれも代役を立てて公演は行われる。

 余波は歌舞伎座にも及び、孝太郎と会っていた坂東玉三郎も濃厚接触者となり、1日から7日の歌舞伎座公演を休演し、尾上菊之助を代役にして開幕した。全国的に感染者が増えているのでこういうことが起きるのも必然で、綱渡りの公演が続く。

 松竹の歌舞伎公演は出演者がケガや病気となっても代役を立てて公演するので、今回もそうなった。当日いきなり代役をいわれてもできるのが歌舞伎役者。

 さて、その玉三郎の出る歌舞伎座第4部は、ヤマタノオロチ伝説を題材にした舞踊劇「日本振袖始」で、岩長姫・八岐大蛇を玉三郎が演じるはずだった。それを菊之助が代わり、素戔嗚命は菊之助だったが坂東彦三郎に、生贄になる稲田姫を中村梅枝。菊之助は稲田姫で出たことはあるが、岩長姫も素戔嗚命も初役。初日に見たが、違和感はまったくなかった。急に出ることになった彦三郎も本来の役だったかのようだ。これをきっかけに、菊之助、彦三郎で今後も上演できる。

 そのほかは、市川猿之助、市川中車(香川照之)、尾上松也、片岡愛之助とドラマ「半沢直樹」に出演していた4人の歌舞伎役者が出ているのが話題。しかし、同じ演目に出るのは、ドラマでは共演シーンのなかった松也と愛之助のみで、2人は第1部の舞踊劇「弥生の花浅草祭」に出ている。

■「半沢直樹」ネタでリップサービス

 中車は第2部、落語を原作とした「心中月夜星野屋」に、中村七之助、市川猿弥と出る。中車が花道を出てくるだけで笑いが出て、猿弥はふすまの向こうで声がしただけで爆笑。「半沢直樹」のネタも披露し、掛け声禁止で静かな歌舞伎座の客席が、久しぶりに沸いた。

 第3部は中村勘九郎と猿之助で「傾城反魂香」。2人は浅草歌舞伎に出ていた勘太郎・亀治郎時代は共演も多かったが、襲名後は少なく、久しぶりの顔合わせだが、ブランクを感じさせない。浅草歌舞伎組での復活を期待したい。

 来月から歌舞伎座は3部制・各2演目となる。無事に幕が開けばいいのだが。

(作家・中川右介)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です