帰国後の小栗旬は外食三昧!大好物の天ぷらは南青山と西麻布で【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

ハリウッド進出のために生活の拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移していた小栗旬一家が帰国したのは7月初旬のこと。アメリカは新型コロナウイルス感染者数が日本の比ではなく、家族を守るための決断だった。

 ロサンゼルスのあるカリフォルニア州はアメリカ全土で最も感染者が多かった時期もあり、店内飲食が許されない期間も長かった。外食もままならなかったせいか、帰国後の小栗は家族との時間を大切にしながら、ロスではできなかった外食を堪能する日々だという。芸能記者が語る。

「南青山や西麻布の高級天ぷら屋では、小栗さんが家族や後輩たちと飲んでいる姿がよく目撃されています。天ぷらに目がない小栗さんは帰国後、日本の本格的な天ぷらを食べられる幸せを噛みしめているそうです」

 世田谷区内の自宅近くにある一軒家風の焼き肉店でも俳優仲間らと舌鼓を打っているという小栗。アメリカでは味わえない東京の世界一充実した外食産業の魅力を再認識しているという。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です