SNSの依存度はヘロインに匹敵か…? 新時代の弊害『スマホ脳』の危ない実態(現代ビジネス)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:現代ビジネス

世界的ベストセラー『一流の頭脳』の著者であり、精神科医のアンデシュ・ハンセン氏がスマートフォンによる健康への悪影響を訴えている。新たに上梓した『スマホ脳』によれば、SNSやアプリでのコミュニケーションによる影響は思った以上に恐ろしく、例えば、

元グーグル社員が告発…スマホ中毒者を量産するための「ヤバい手口」

 <スマホのアプリは、最新の脳科学研究に基づき、脳に快楽物質を放出する〈報酬系〉の仕組みを利用して開発されている>

 <フェイスブックの「いいね!  」の開発者は、「SNSの依存性の高さはヘロインに匹敵する」と発言している>…など、これまでに知られていなかった情報をもとに、その弊害を明らかにした。 今回はその『スマホ脳』の中身を本稿にて一部を特別公開する。

【広告】

Doresuwe



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です